東京都剣道連盟居合道部会 千代田 ・神田支部

居合 神田塾

けん        のり

剣の法


居合は 究極の剣術

Float like a Butterfly,Sting like a Bee.

                                                                                 Muhammed Ali

蝶のように飛遊し、蜂のように一撃する


実戦においては、自分と同じ武器を持ち、熟達した敵に対して、いきなり一刀両断に出来るような間合で相手を斬り伏せることなど、とうてい不可能なことです 


最初は敵の剣がまだ届きにくい遠い間合から、先ずは「斬り付け」によって敵の顔面などを飛び込み打ちにし、それによって敵の体勢が崩れた隙に素早く間合を詰め、必要に応じ急所への「斬突」「斬り下げ」によって仕留める、留めを差すという流れです 


「斬り付け」は、その初発刀に

よって完全に相手を仕留めるこ

とを想定していません 敵に

致命傷を与えることよりも、

その斬突によって敵の体勢を崩し、心理的にも追い込み、次の攻撃へ繋げることを目的としています 

もし初太刀が万一かわされてしまえば、その瞬間に自分は相手の攻撃に対処できない体勢になる可能性もあります 

事前に敵を完全に制し、決してかわされることのない状況をつくりあげることが重要です 


真・無外流居合は、その剣風として、 先々の先 

  の激しい抜き打ち一刀攻撃 の型、業、剣法です 


初発刀はどこを瞬時に斬るかが重要です 

ただ単に初発刀から二の太刀への変化を推奨するものではなく、またその斬撃の威力そのものを軽視するものでもありません 


当然のごとく素早い一撃の威力は追求されますが、ただしそれはあくまで次への変化の対応を想定したものです 

そして必要であれば二の太刀へと続く 


いかに初発刀が居合において重要であるか 


居合は抜刀術で、ちから任せに刀で打ち合う、鍔迫り合いし、鎬を削り合うことはしません 


敵の攻撃を読んで  の攻撃を仕掛けるという単なる動作の上のことだけではなく、敵の心の動きを見透かして対処する、

攻め以前の心理能力が問われる、

それが令和の 居合 神田塾 の活人創生 の剣の法

(けんのり)です 


ようこそ へ戻る



武士道とともにあらんことを

May the Bushido be with you.


入会、見学、お問い合わせは

居合  神田塾

info@iai-kanda.jp






リンク

居合塾 のグランドホームページ

平成居合塾

http://www.iaijyuku.jp










Copyright © 2019 Reiwa iai kandajyuku All rights reserved.